商品情報にスキップ
1 1

Emu-One

まるでガスバーナー!高火力、低燃費のアルコールストーブで家でも外でも気軽に使える「KUAJIE」

まるでガスバーナー!高火力、低燃費のアルコールストーブで家でも外でも気軽に使える「KUAJIE」

通常価格 ¥0 JPY
通常価格 セール価格 ¥0 JPY
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。

「KUAJIE」は燃料用アルコールを使って着火する自動加圧式アルコールストーブです。
キャンプはもちろんご家庭でも、いつでも、どこでもご利用いただけます。

持ち運びに嬉しいコンパクトサイズで、燃料タンクは大容量、五徳・風防も付いており外観と実用性が高いキャンプギアです。


銅パイプからの熱伝導タンク内のアルコールが気化圧力が高まることでアルコールの噴出量が増加高火力を実現します。

職人が丁寧に作った木製スタンドが付いているため、燃焼中に触っても熱くありません。また木製スタンドは転倒防止の機能もあり、使用中にストーブが倒れ、燃料がこぼれることを防ぎます。

アウトドアシーンで気になるのが重さですが、「KUAJIE」の本体+木製スタンドの重さは 約600g!500mlペットボトル 1本と同じくらいの重さです。

五徳は展開式で、ストーブを使わない時は収納できるのでコンパクトに持ち運ぶことができます。

燃料を手軽に購入することができるアルコールストーブを愛用するキャンパーは少なくありません。荷物を小さく、軽くしたいキャンプシーンで重宝するアイテムです。
ソロキャンプからファミリーキャンプまで活躍します。

アルコールストーブの静かに揺れる青い炎は見ていてとても癒やされます。
調理や煮炊きなどの実用的な場面だけではなく、炎を見ながらゆっくりと語り合うのもおすすめです。

難しい操作は必要ありません。初心者から上級者まで満足できるアウトドアギヤをぜひお試しください!


「KUAJIE」は自動加圧式を採用することにより、強い火力と安定した燃焼を実現しました。

燃費も良く、風防があるため風にも強いアルコールストーブです。

実際に燃焼している様子を、ぜひこちらの動画でご覧ください。

銅パイプ内の繊維による、毛細管現象を利用して液体のアルコールを吸い上げます。

パイプ中にしみこんだアルコールが温められることで加圧され、パイプに小さく開けられた穴から気化したアルコールが噴出。

さらにパイプからの熱伝導でタンク内のアルコールが気化し、圧力が高まることでアルコールの噴出量が増加し、高火力を実現します。

以下の画像のように、パイプに小さく開けられた穴から気化したアルコールが噴出し、燃焼します。

ガスバーナーのように強く燃焼します。

焚き火のように準備や片づけが大変ではないので、アウトドアでの料理の手間を軽減することができます。

下の映像では加圧式ではないアルコールストーブとの火力を比較しています。
加圧式は気化したアルコールを強く噴出するため非加圧式よりも強い火力を得ることができます。

高火力のストーブを使うことで調理の時間を短縮し、落ち着いてキャンプ飯を食べる余裕が生まれます。

キャンプ体験をより良いものに変えるアルコールストーブをぜひお試しください!

アルコールストーブに使う燃料は、メタノールとエタノールを組み合わせてできた「燃料用アルコール」。

アルコールストーブは持っていく燃料の量を調整できるのも特徴です。

最低限の燃料を持って行けば良いので、荷物を軽くすることができます。

ガスストーブのガスとは違い、燃料用アルコールはホームセンターや薬局、オンラインなどで比較的安価に購入することができます。

本体には燃料の注ぎ口があり、燃料を簡単に入れることができます。
燃料を大量に入れる時はロートの使用もおすすめしております。

※ポリ洗浄瓶(アルコール用) やロートも付属しております。

火を付けると、煙や匂いが少なく透き通った炎があがります。
煙はクリーンなので室内の使用も可能です。

また青い炎は心地よく、落ち着いた雰囲気と時間をお届けします。

タンクの容量は200ml、40分以上も燃焼が可能です。

料理を何品も作る場合でも途中で火が消える心配はありません。

※燃料を満タンにしないでください。気化したアルコールが入るスペースが必要ですので、最大でも燃料の量は150ml以下にしてください。燃料タンクを完全に満タンにすると、十分な気化が行われず、燃焼が不安定になる場合があります。

高火力なアウトドアストーブはキャンプ飯の可能性を拡げます。

燃料は安価なので気兼ねなく使うことができます。

コンパクトで機能的なアウトドアストーブ「KUAJIE」はいつでも、どこでも気軽に炎をお届けします。

パッとお湯を沸かして、ドリップコーヒーやスープ、カップラーメンでほっと一息。
ソロキャンプ、サイクリング、登山やバイクツーリングなど、あらゆるアウトドアシーンで活躍します。

火おこし不要! 燃料がアルコールだからこそ、着火すればすぐに火力を得ることができます。

燃料の入り口はネジで開け閉めすることができます。
使用後、内部に残ってる燃料をそのまま入れておいても問題ありません。

着火するときはアルコールをコイルの上に少し垂らします。

アルコールを垂らしたら、火をつけてプレヒートさせます。

早ければ20秒程度で本燃焼が開始します。

実際にプレヒートから本燃焼させるまでの様子は以下の動画からご覧ください。

また、消火も簡単に行うことができます。

基本的には蓋をして消す方法を推奨しますが、強く息を吹きかけたり、水を銅管に数滴垂らして冷却させる方法もございます。

消火用のボトルも付いております。


キャンプやレジャーなど、アウトドアで調理をするとき、非常に便利なキャンプギアです。

ユニークな外観とまるでガスバーナーのような火力で、周りの人がざわつきます。

木製のスタンドは大自然の中にあっても違和感がありません。

風防もついており、風に強いことも魅力の一つです。

炎を風から守り、火力が弱まることを防ぎます。

キャンプにいきたいけど行けない日や、お家でキャンプ気分を味わいたい時も大活躍です。


アウトドアストーブ「KUAJIE」は回転して収納できる五徳が付いています。

使わないときはコンパクトにしまうことができ、使うときは鍋やフライパンをしっかりと支えます。

五徳は少しでも軽くするためにアルミでできています。

また、湯沸かしや炊飯も問題なく行えます。


アルコールを溜めるタンクの外側は木製のスタンドで覆われています。

これにより、使用時の安定性が向上します。

木製スタンドは職人が1つ1つ丁寧に手作業で作っています。

断熱効果もあるため、断熱シート無しでも机の上でご利用いただけます。

※木製スタンドは職人が1つ1つ手作業で制作しているため、表面に擦れや色ムラがある場合があります。


アルコールストーブは、持ち運びと使いやすさに優れ、昔からアウトドア愛好家の中で人気が高いキャンプギアです。

本体が軽量でコンパクト、燃料の量も調整できるため、荷物を軽くしたい登山者やソロキャンパーにも人気があります。頑丈な作りで壊れにくく、長期間にわたって使用できるのも魅力です。

アルコールストーブは低温環境でも確実に燃焼するため、寒冷地でも使うことができます。アルコールを燃料とするため、灯油やガソリンを燃料とするものより扱いやすく、危険性も低いです。また、燃焼音が静かというメリットもあり、スウェーデン軍が採用したことでも知られています。

アルコールストーブ「KUAJIE」は、アウトドア愛好家にとって頼りになる相棒になること間違いなしのアイテムです。

青い炎をみているとどこか心が落ち着くような気持ちになります。


リターン内容:

● 加圧式アルコールストーブ「KUAJIE」x 1

● 本体専用収納袋 x 1

● 木製スタンド x 1

● 木製スタンド専用収納袋 x 1

● ポリ洗浄瓶(アルコールス用) x 1

● 消火用ボトル x 1

● クリアロート x 1

Q: 燃料は何を使えばいいですか?

A: アルコールストーブ専用のアルコール燃料(エタノールなど)を使ってください。ネットで「アルコールストーブ 燃料」と調べたらすぐに出てきます。

Q: アルコールストーブの燃料はどこで買えますか?

A: 一般的なアルコール燃料はネットで購入できるほか、スーパーマーケットやドラッグストア、ホームセンターなどでも比較的手軽に購入できます。また、アウトドア用品店やキャンプ用品専門店などでもアルコールストーブ用の特別な燃料を取り扱っていることがあります。

Q: 使ってはいけない燃料はありますか?

A:ガソリン・メタノール・ケロシンは【使用を禁止】しております。

ガソリン:非常に揮発性が高く、気化したガソリンが爆発的に燃えてしまう危険性があるため、火災や火傷のリスクが高まります。

メタノール(別名:メチルアルコール):アルコールよりも揮発性が高いため、火災やリスクが高まります。

ケロシン:ケロシンはアルコールストーブの燃料として適しておりません。不完全燃焼が起こりやすく、有害な排気ガスが発生してしまう場合があります。

Q: 点火方法は?

A: ストーブを点火する前に、周囲に燃えやすいものがないことを確認してください。パイプにアルコールを少し注ぎ、ライターまたはマッチを使用して点火します。点火した後は、ストーブの周囲に十分な空間を確保してください。

Q: 消火方法は?

A: 消火する際は、専用のカバーを使用してください。また、強く息を吹きかけたり、水を銅管に数滴垂らして冷却させる方法もございます。

Q: 屋内で使用できますか?

A:通気が良い屋内のみ使用可能です。通気が良くない場所では火災や酸欠の危険性があります。窓を開けたり、換気扇を使用したりして、室内の空気を常に新鮮なものに保ってご使用ください。

また、アルコールストーブの周囲には可燃物を近づけないようにし、火災に充分注意してご使用ください。

Q: 燃焼中に異常な匂いがする場合、どうすればいいですか?

A: 燃焼中に異常な匂いがする場合は、すぐにストーブの火を消し、使用を中止してください。匂いが原因で健康被害を引き起こす可能性があります。

Q:持ち運びは簡単ですか?
A:バッグなどにいれて持ち運べるサイズです。ただし、使用直後はたいへん熱くなっておりますので、持ち運びの際は10分以上冷ましてから移動させてください。また、タンク内に残ったアルコールはそのままにしておいても問題ありません。

本製品は倒れても、タンク内のアルコールが外に漏れることはありませんが、保存する際はできるだけ傾けないようにして保存してください。

Q:木製スタンドに個体差はありますか?
A:はい。木製スタンドは
職人が1つ1つ丁寧に手作業で制作しているため、表面に擦れや色ムラがある場合がございますが、品質自体に問題はありません。製品の味わいとしてお楽しみいただければ幸いです。擦れや色ムラでの交換は致しかねますのでご了承下さい。

Q:炎はどれくらい持続しますか?
A:燃料タンク(200ml)に3/4割ほど(150ml) 燃料を注いだ状態で、約40分ほど燃焼が持続します。ただし、燃料の濃度や周辺の酸素の量・気温など、お使いいただく環境によって燃焼時間が変化する可能性がございます。

※燃料を満タンにしないでください。燃焼中、アルコールが気化するスペースが必要ですので、最大でも入れる燃料の量は150ml以下にしてください。燃料タンクを完全に満タンにすると、十分な気化が行われず、燃焼が不安定になる場合があります。

Q:火力調整は可能ですか?
A:燃料の濃度を変えることで調整することができます。また、燃焼中、水を少しコイルの下に垂らし、コイルの温度をすこし冷ますことで、火を弱めることもできます。

Q:使用後はどうすればいいのかを教えて下さい
A:使用後は完全に本体を冷却させてください。燃料タンクに残っているアルコールは残っていても大丈夫です。

パイプ部分に付着した汚れやススは取り除いてください。特に、パイプ下部に空いてる穴が詰まっていないか確認してください。詰まっている場合は針やピンで穴を開けることで直すことができます。使用しない時は、本体と木製スタンドをそれぞれの収納袋の中にいれて、保管してください。

Q:使用中に燃料を足しても大丈夫ですか
A:ご使用中燃料タンク中は高圧高温のため、燃料を足すことは危険ですのでおやめ下さい。燃料を足す場合は、一度消火して、本体を冷却させてから行ってください。

Q:木製スタンドの色は1色だけですか?木の種類を教えてください。

A:1色のみの販売となります。木はウォールナットです。

Q:燃料について注意事項はありますか?

A:燃料用アルコールを購入して使ってください。また、メタノール単体のみの使用はやめてください。毒性があるため、触ったり誤飲しないように取り扱いにはお気を付けください。必ず、換気の十分できる場所で使用してください。

Q:製品保証はどのようになっていますか?
A:保証期間は商品到着時点から一ヶ月です。

詳細を表示する